« いっしょにあそぼ!ミニミニ運動会! | トップページ | 未就園のおともだちあつまれ〜〜!えいごであそぼ! »

「いろんな子」がいることを学ばせましょう!

いっしょにあそぼ「ミニミニ運動会」が無事に終わりました。



かけっこ・玉入れ(新聞紙を丸めた玉で!)・つなひき(長なわとびで!)・ドーナツ&グミとり競争を楽しみました。






運動会の後は、お庭でお部屋でそれぞれの好きな遊びに興じました。






めぐみ幼児園のよさを体験して、入園を考えてくださった方もいます。




さて、これから幼稚園・保育園への入園を検討している方は、


「多様性を認め、受入れ、伸ばす」園であるかどうかを一つのポイントとしたらいいと思います。




日本の家庭は核家族化、少子化が進み、また、地域コミュニティで子どもが集まる機会も激減しています。




どうしても、こどもが「家庭」の中に埋もれてしまい、


多様な人と接する機会がなくなっているのです。




家庭は趣味や嗜好、感じ方考え方の類似性が多く、同質性が高いと言えます。




それに対して、園では


「びっくり!!」するほど自分とは違う人がいるのです!




幼児期には「自分は大切な存在である」「自分は愛されている」という自尊感情をしっかり持つことが大切ですが、


それと同時に


「自分とは違う」人に触れて、


「そういう考え方もある」


「そういうやり方もある」


「それもあり」


と思える力を育むこともとても大事です。




さまざまなタイプのお友だちと遊ぶことで、その子自身の心の扉がさらに開かれ、思ってもいなかったことに興味が向けられていくこともあります。




いろいろな園を見学、体験しに行くときは、


「さまざまな考え方・行動」に対して、園がどんな方針で対応しているのかを見てくるようにしてみてくださいね!



|

« いっしょにあそぼ!ミニミニ運動会! | トップページ | 未就園のおともだちあつまれ〜〜!えいごであそぼ! »

子育てヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208711/70664765

この記事へのトラックバック一覧です: 「いろんな子」がいることを学ばせましょう!:

« いっしょにあそぼ!ミニミニ運動会! | トップページ | 未就園のおともだちあつまれ〜〜!えいごであそぼ! »