お弁当

お弁当公開

久しぶりにみんなのお弁当を公開しますね~。

 

めぐみ幼児園は原則として月~金まで毎日お弁当です。

 

もちろん、おうちの方の手作り。

 

作る側は大変かとは思いますが、質・量・好みなどをその子に合わせて食べさせることができるのはとてもいいことだと思います。

120913_125455

120913_125503

120913_125511

120913_125517

120913_125524

幼児の場合は、見た目でも食欲がかなり左右されますので、おうちの方はみなさん、形・いろどりなどに気を付けていらっしゃるようですね。

 

赤・黄、緑がそろうときれいです。

 

食材でそれが満たせない場合は、お弁当箱の色、仕切りカップの色でも代用できます。

 

かわいらしいピックひとつでも、子どもはとても喜んで食べる気を増しています。

 

めぐ幼のお母さんたちは、楽しく・おいしく・喜んで食べられるお弁当作りの達人です。

 

でも、特別にお弁当作りにたけている方が集まったのではありません。

 

めぐ幼に子どもを送っていると、「苦にならずに」お弁当作りができるようになるようです。

 

不思議ですね~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園児のお弁当にいかが?かまぼこダブルハート

100520_072430

お弁当づくり頑張ってらっしゃる方、おつかれさまです

かまぼこのこんなの、どうでしょう?

タイトルは「ダブルハート」となっていますが、1個でももちろんカワイイです

作り方は・・・

厚めのかまぼこに深~く切れ目を入れ、つながっているほうに真ん中に折り込んで楊枝で止めるだけです。

かんたんでしょ?

100520_072253

  こういう風に切って⇒

けっこう思い切って ぎりぎりまでね

明日は「ジャガイモ掘り」に行きま~す。

天気はどうかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園児のお弁当の掲載★好評です♪その2

あらら?

うまく載せきれないままアップされてました

前回の続きを~~

Dsc06814 サンドイッチ

Dsc06813 チーズのうさぎさん

Dsc06816 おいなりさん

Dsc06817 ミニトマトを食べやすく半分に

Dsc06818右下のミニパックはお弁当用もずくだそうです。初めてみました

Dsc06819_2 シリコンカップを使ってらっしゃる方が多いようです。わたくし・こずえ先生も千趣会で購入し、愛用してます。ミニカップケーキも焼けるので便利です。

Dsc06820 ご飯におかずがのっかってる「丼」系もこどもたちは好きなようです。

Dsc06821 箸がうまく使えない場合も、おにぎりは食べやすいですね。

Dsc06822 卵焼きはバリエーション無限大!

Dsc06823 味の付いたご飯も人気!

↓ めぐ幼では ママの手作りパンを持ってくる子もいます!

Dsc06824

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園児のお弁当の掲載★好評です!ある日のお弁当♪

検索ワードでも、在園児のお母さんにも、園児のお弁当の写真の掲載が好評です。

参考にされる方が多いんですね。

今日も載せちゃいますよ~~

Dsc06811_2

Dsc06810_2

Dsc06815

Dsc06812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当公開!★幼児のお弁当って、どんなの?

めぐ幼のある日のお弁当を公開しますね~

100422_113214 サンドイッチ、おいしそ~

100422_113222

リンゴにゼリー、デザート二つか

100422_113229

お!

ご飯が減ってないのに、おかずが減ってる!

                                                    

れんこんも シメジも、食べられるよ 

100422_113238_2

100422_113246_2

あっ

カレーパンマン

100422_113258

ハートおかずカップ、かわいいね。

何度も洗って使えるシリコン製         

                 

               

                          

100422_113309

おいなりさんも、人気が高いですね!

100422_113319

キティちゃんだるま型のお弁当箱

めっずらしい~

毎日のお弁当づくりは、気張りすぎないのがポイント。

市販のピックやカップで彩りをにぎやかすれば、昨日の残り物だってステキに変身します。

いろんな工夫を楽しんでくださいね

                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当のおかずに★くるくるはむっち

Dsc06518

←ハムとスライスチーズを巻いて4等分に切ったものです。

めぐ幼ではお弁当が始まりました。

午前中思いっきり外遊びをして、おなかぺこぺこ

お母さん(またはお父さん?おばあちゃんもあり、かな?)が作ったお弁当を、それはそれはおいしそうに食べています

近いうちに、園児のお弁当をまた、公開しますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日のお弁当♡

100303_113937

お弁当づくりに ちょっと行き詰ったら・・・

私は「窓際のトットちゃん」を思い出します

トットちゃんの学校の校長先生が言ってましたよね

お弁当には「海のもの」と「山のもの」を一品ずつ入れればそれでいいって。

海のもの・・・海苔

山のもの・・・梅干し

それでオッケー

なんだか気が楽になりませんか?100303_113958

お母さんが(お父さんが)、愛情込めて作った物なら、子供は何だって喜びます。

100303_114015_2

春日部駅西口の「北欧」のパンをうれしそ~に買ってくるお友達もいますよ

Sbsh0011

Dsc05798

 チーベーを着たうずらちゃん

ゆでたウズラの卵にスライスチーズとベーコンを巻いて楊枝で止め、レンジでかる~くチン

あらびきこしょうを振ってできあがり~。

チーズが軽くふにゃっとする程度で大丈夫です

ベーコンの代わりに海苔を使うと、コレ一品で「海のもの」と「山のもの」がクリアーできま~す。

あらびきこしょうが辛いなら、青のりに変えてもいいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★お弁当のおかずに★ぎょにばらちゃん♪

Dsc05997 おべんとうのおかずにいかがでしょう?シリーズ第2弾!

ピーラー使ぎょにバラちゃん

魚肉ソーセージを縦に長~くピーラーでスライスします。

それを端からくるくるっと巻いていきます。

ときどきねじったりひっくり返したりして、1枚終わったらつなげて巻いていき、3~4枚くらいふわんと巻くと・・・あっという間にかわいいバラのできあがり~

楊枝で止めて、きゅうりやブロッコリーの横や上に乗っけるとなお、バラっぽく見えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園児のお弁当にいかがでしょう?★おかずのヒント★

Dsc05787 めぐ幼は毎日お弁当です。

でも、思ったより大変じゃありません。

詳しくは、「お弁当」のカテゴリをご覧くださいませ~

今日は、おかずのヒントをいくつか・・・

ひとつめ~

お花のウインナ~

① ウインナーを縦半分に切ります。3分の2位のところまで切れ目を入れます。全部で10か所くらいですかね

② もうひとつのウインナーを1センチくらいの輪切りにします。

③ フライパンか電子レンジで加熱すると、①がくる~んとなってきます。

④ ②を③で巻いて楊枝で止めればできあがり~

Dsc05895 ふたつめ~

ちくわのチーズハート~

① ちくわを縦に半分に切ります。

② ちくわの幅に合わせたスライスチーズをのせて、真ん中に向けてりょうはじから折ります。

③ 楊枝で止めて、レンジかオーブントースターなどでチーズが柔らかくなるまで加熱。

④ ケチャップと青のりで飾れば、ラブリ~

以上、わたくしこずえ先生のおべんとうより~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ある日のお弁当

Dsc05180おべんとう、こんな感じです Dsc05186

 めぐ幼は月~金まで、毎日お弁当です。

え~~っ毎日ぃ~

と、驚かれるかもしれませんが、はい、毎日です。

あら、まぁ、それは大変だわ~。

いえいえ、それほどでもありません。                                                 

                                     

Dsc05188在園児のお母さん方のほとんどが入園前はそう感Dsc05189じていたそうですが、実際に入園してみたら違ったそうです。

理由その① 毎日だとかえって習慣になり、ママの脳みそがそのシフトになる   

理由その② 毎日だから、かえって、すごい弁当じゃなきゃ!という気負いが無くなる

  *手抜きの日と、ちゃんと作る日を交互にしてるママもいます

理由その③ ママの具合の悪い時・すごく忙しい時は、○ブン○○ブンなどで買ったものにしてもオーケー  

理由その④ 幼児の弁当なのでパパ弁みたいにたくさん作らなくても大丈夫。

         昨夜の残り物でもいいし・・・。

理由その⑤ めぐ幼のママ達はかんたんでおいしくて見栄えのいいおかずの作り方をよく知っているので、そのママ友から知恵をもらえる!

理由その⑥ その子の体調や嗜好を考えて作れるからかえって楽。

理由その⑦ 子供が喜んでくれるから、作るパワーが自然と湧く

・・・・・などなど、たくさんあります。

小学校・中学校は給食ですから、幼児期くらいお弁当を毎日作ってあげるっていうのもママの喜びになりますよ、きっと

「大変!」っていう思いが「幸せ!」って思いに変わる経験を味わってみませんか?

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)